兄ちゃんは騙されてなんかない

「学者」のこと、どう感じる?「漁師」って、普段ではどのように受け止められているのかな。べつに真面目に考えたりする気分になったわけじゃないよ。

ホーム

一生懸命跳ねるあいつと私

会社で勤めていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、誰が見てもお姫様だった。
小さな体で可愛くてとにかく元気な、動物愛護の先輩。
動物愛護団体など立ち上げて、そこそこ運動をしているようだった。
毛皮着ない、ベジタリアン、動物実験取りやめ賛成。
知り合ってすぐに、部屋に訪れたことがあった。
都心にある高層マンションで、国会議事堂が見下ろせる場所。
先輩は、可愛くて清潔なシャムと同棲していた。

月が見える月曜の早朝に歩いてみる
とある休日、私は友達と、都内から高速道路を使用し、逗子海岸に行った。
それは、お気に入りのデジタル一眼で写真を撮るためだったけれど、なかなかうまく映らない。
海は久々だったから、しだいにサンダルを脱いで海に入りはじめた。
だんだん飽きて、ビーチで山を作ることをしはじめた。
その時位までは、確かに近くにあった黒いデジタル一眼。
たくさん楽しんで、帰宅中、GSで一眼レフが鞄に入っていない事に気が付いた。
あきらめて家まで帰ったけれど、少しの間、とても切なくなった記憶がある。
多くの写真が入った私の一眼レフ、現在はどの場所にいるんだろう?

気どりながら大声を出すあなたと僕

タリーズでもマックカフェでもどこに入っても香り高いコーヒーを飲める。
もちろん、オフィスでインスタントを入れても手軽だし、どこかで缶コーヒーでも。
私が好きなのがスターバックスだ。
共通して禁煙と言うのは、煙草の煙が嫌いな私にとってポイントだ。
そのため、コーヒーの匂いを堪能できる。
値段も安くはないが、美味しい豆が使用されているのでコーヒー通にはピッタリだ。
甘いもの好きには毎回コーヒーと一緒に、つられてデザートなど頼んでしまうという落とし穴もある。

騒がしく泳ぐ彼と俺
仕事として、日光へ向かうことが凄く多かった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあり、海なし県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬になると雪が降り、除雪車やチェーンなど必須だ。
秋のシーズンには、東北自動車道で2泊3日の予定で行って、帰って、また2泊3日というパーターンがとにかく多く、旅行誌などで日光の様子が紹介されると懐かしくなる。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見てきてほしい県だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、ツアーのメインは日光東照宮。
江戸をまとめた徳川家康の眠っている所で、境内の厳かな様子に驚くことだろう。
それから、いろは坂の先にある日光の湯元温泉
硫黄泉で、濁っていて、熱い温泉。
この温泉につかると、冷えにも良いと思う。
日光東照宮建立当時、このお湯を目標に多くの湯治客が集まったと言う。
その様子が想像できる歴史的なここ日光。
ホテルや民宿の紹介も兼ねて、情報誌に記載されている日光へ、行ってみようと思っている。

夢中で叫ぶ姉妹と冷たい肉まん

憧れのロシアに、いつかは行こうとと思っている。
英語のクラスに飽きた時、ロシア語を少しだけ学んでみようかと検討したことがある。
けれども、立ち読みしたロシア語の文法のテキストの最初だけで速攻で断念した。
verbの活用が突き抜けてややこしかったのと、私ができないあの巻き舌だ。
ツアー客としてスピリタスとビーフストロガノフを堪能しにいけたらいいなと思う。

涼しい祝日の夜明けにお酒を
笑った顔って素敵だなーと感じるので、何があっても笑顔でいれるように心がけている。
一応、時と状況と見て。
でも、他の人に押し付けては良いとは言えない。
要は、一括では言えないけれど自身の価値観として。
さっきまで真剣な顔で一生懸命に仕事していた人が、笑った瞬間。
もう、大好き。
笑い皺がある人が好き!とよく言う友人。
その気持ちも理解できるかもしれない。

湿気の多い週末の夜にビールを

娘の3歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントを何にするかを考えている。
妻と話して、体を使って遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実物を見て決めることにしたけど、ピンとくるものがない。
だけれど、こどもに近くにいかせてみたら、以外と簡単に決まった。
すべり台に一生懸命だったから、これに決めた。
ただ、今住んでいる家が窮屈なので、小さくてコンパクトなものにした。
価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

湿気の多い週末の日没に足を伸ばして
離れた家元に住んでいる母親も孫娘だといって、非常に大量に手作りのものを仕立てて送ってくれている。
キティーちゃんがめちゃめちゃ好きだと伝えたら、伝えたキャラクターの布で、裁縫してくれたが、裁縫するための布の案外、たいそう高額であきれていた。
生地は横、縦、上下のキャラクターの向きがあって手間だそうだ。
しかれども、たんまり、作ってくれて、届けてくれた。
孫はものすごくかわいいのだろう。

よく晴れた月曜の午前に椅子に座る

お盆やすみが間近になって、とうろう流しなどの催しが近所で実行されている。
近くの観光施設では、竹やペットボトルで作ったとうろうが並べられていた。
近くの観光施設では、夜更けには電気の照明はついてなくて、ろうそくの明かりだけというのは、たいそう美しかった。
竹や和紙に囲まれてろうそくがついていて、癒される灯りになっていた。
きめ細かい灯火がそこらの樹々を照らしていてとても素敵だった。

余裕で叫ぶ子供と草原
友達のちかこは賢い。
頭が良いんだろうなーと感じる。
決して他者を裁いたりはしない。
違うんじゃない?と思っても、まずは相手の気持ちを尊重する。
だから、許容範囲が広がるし、強くなれるのだ。
意見を主張し通すよりも、こうしている方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかない方法、その経験を次回の糧にするやり方をとても分かっている。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 兄ちゃんは騙されてなんかない All rights reserved.