兄ちゃんは騙されてなんかない

街角アンケートなどで、「幻」について尋ねられたら、あなたはなんと返答する?「パエリア」って、人それぞれで考え方が違うかもしれない。

ホーム

一生懸命自転車をこぐ母さんと夕焼け

タイムイズマネーは、凄い名言で、ダラダラしていると、見事にあっという間に自分の時間が無くなる。
もっともっとさらりと仕事も業務日報も終われば、これ以外の仕事に貴重な時間を回すことが出来るのに。
マッサージにいったり、ウォーキングしたり、料理にチャレンジしたり、メルマガを手に取ったり。
そう考えて、この頃は、シャキシャキこなそうと心がけているが、何週間達成できるのか。

自信を持って口笛を吹く友達と壊れた自動販売機
「晩御飯はカレーよ。」
少年は母親のその言葉を耳にした途端、思わず顔をほころばせた。
少年は学校が終わって家に帰ってから、ソファーに寝転がってダラダラとテレビを見ていた。
今日は格別に西日が暑い。
窓際では風鈴がときどきチリリンと音を立てていた。
テレビのアニメチャンネルでは、昔のなつかしアニメを再放送していた。
今日の放送は「一休さん」だった。
こんな頭のいい少年がいたら、テストは満点取るんだろうか、と少年は感心していた。
だけど、鍋のフタの隙間からカレーのいい香りが漂ってきたとき、少年はテレビのことなんて頭から飛んでいってしまった。

そよ風の吹く火曜の夜明けに歩いてみる

どんなことでも一個の習い事でも習慣でも、ひたすらコツコツ続けている根気のある人に憧れを抱く。
スノボだったり、書道だったり、凄く目立たないことでも。
一年に一回、学生時代からの友達と、いつもの温泉旅館に連泊する!というような事も良いんじゃないかなと思う。
何でも一つを行うといずれは実用レベルまで到達することがあるだろう。
あれは、3歳の時、ピアノとバレエなんかを教わっていたが、続けていればよかったな。
そう実感するのは、空き部屋のの角におばあちゃんに買ってもらったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一度練習したいとという意思がある。

息絶え絶えで泳ぐ姉妹と季節はずれの雪
知佳子はAさんの事が大好きなのだろう。
Aさんも知佳子を可愛いと思っている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も絶対行くし、先日は私も一日目だけ付き添った。
知佳子もAさんも私を同じニックネームで呼びかけるし、何かを始める時は、まず私に問いかけてくれる。
なんだか可愛がってくれている気がしてきて、とても空気がよかった。

気どりながら走るあの人と僕

先日、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
この2人は、私の学生時代の仲間で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、学んでいたのが旅行業と、観光英語なので、観光地巡りが、大好きな生徒たちでいっぱいでした。
なかでも、この2人を含む、仲のいい6人で色々なところへ旅をした思い出は大切です。
私は元々それほど友人が多くないし、それで十分だと満足しています。
だから、めちゃくちゃうれしかったけれど、横で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのも私のツボでした。

天気の良い大安の夜明けに冷酒を
とある夏の日の朝。
少年は空き地で、アリの行列が虫の死体をせっせと運ぶところをじっくり見ていた。
蟻たちは一所懸命に働いているのだけど、虫の死体ひとつでこんなにも大量のアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は疑問を抱いた。
少年は、蟻たちを指ではじいたらどうなるかな、という好奇心に駆られた。
だが、今日のところは何もせず観察し続けることにした。
暑い夏の日だったので、少年の汗は顔中からあふれ、雫となってアリの行列のそばに落ちた。

雲の無い仏滅の早朝に座ったままで

辺ぴなところに住んでいたら、ネットでものが手軽に購入できるようになったのが、めっちゃ手間がはぶける。
それは、大型の本屋が市内に一軒しかなくて、品ぞろえも悪いから、手に入れたい本も手に入らないからだ。
取り寄せるよりオンラインショップで買う方が簡単だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分以上かかるからものすごくめんどうだ。
オンラインショップに手慣れたら、他のものもインターネットで手に入れるようになった。
他のものもネットショップで買うようになった。
家電は、ネットのほうが必ず安価で、型番商品は必ずネット購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

よく晴れた月曜の早朝は冷酒を
動物を観察するのにとても多く距離を歩く動物園は、夏季はものすごく暑すぎて汗がでる。
知人夫婦とお子さんと自分の家族といっしょに見に出向いたが、大変蒸し暑くてだるかった。
めちゃめちゃ暑すぎるので、シロクマもトラも他の動物もあまり行動していないしし、奥の影に姿を潜めていたりで、さほど観察出来なかった。
今度は、建物内で日陰もある水族館などがクソ暑いときはいいだろう。
娘が幼稚園の年長くらいになったら夜間の水族館や動物園も良さそうだ。

風の強い金曜の夕方に窓から

若いころにものすごく肥満体型だった時期に、絶対欠かさなかったのがシュガートーストだ。
酷い時は、ディナーの終わりに2枚くらい食べた記憶もある。
最悪なことに並行して、フライドポテトにはまってしまい、肥満の世界へワープだったあの頃の私。
頑張った痩身法が変わり種ばかりだ。
例えば、2週間スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープだけで生きる食事だ。
仕事場にまで水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、トマトを夕飯に置き換えるという痩身法。
どれも、今はできない。
その後、半年ほどで栄養バランスを気にするようになると、気が付くと半分くらいに。
とにかく時間をかけてというのが間違いない。

前のめりで自転車をこぐ彼女と観光地
手に入れた布で、幼稚園にもう少しで行く自分の子供の入れ物を縫わなくてはいけない。
というか家内が裁縫するのですが、私も裁縫が嫌いではないので、時間がかかるようだったら助っ人に入ろうと考えている。
指定のものを入れるきんちゃく袋が幼稚園に通うためにはいる。
ミシンも遅まきながら到着した。
使った感じもみてみようと考えている。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 兄ちゃんは騙されてなんかない All rights reserved.